テクノロジー企業のPR、マーケティングを支援

CONTACT ENGLISH

Case Study

Case Study

GXS株式会社

eコマース, SaaS, ソーシャルネットワーク /  マーケティングマネージャー 石黒 佐知子 様

広報研修の内容をもとに、記者会見を実施。多数のメディアに取り上げられて大成功でした

当社は、米国ワシントン郊外に本社を構え、グローバルで実施するB2B eコマース(企業間電子商取引)のアウトソーシングサービスを提供しているベンダーです。
企業間のB2Bシステムを連携するグローバルネットワークを強みとし、そのネットワーク上で機能する国際輸送ステータスを可視化するSaaS型のアプリケーションや、最近ではソーシャルネットワークを活用した取引企業とのビジネス情報を共有するツールなどもご紹介しています。

私は65名ほどの日本のオフィスで、主に広報とマーケティング・コミュニケーションを担当しています。海外にいる上司は広報の実績と経験が豊富にあり、広報とはどういうものかとハウツーは教えてもらっていましたが、私は広報の経験がほとんどなく、日本で実務をどのように進めて良いのか相談する相手もおらず、試行錯誤で取り組んでいました。

今回の広報研修は、今までやっていたことはどうだったのかを振り返ることができ、また同時に新しい情報も多く得ることができた良い機会となりました。

新たに気づいた点も多く、実際に研修で習ったことを活かして早速メディア向けに新製品の説明会を開催してみました。結果的にはニュースとして多数のメディアに取り上げられ、新聞にも大きく紹介いただけました。ただ、金曜日の開催だったので、土曜日の新聞に載りました。土曜の新聞にのるというのも加藤さんのアドバイスの通りでした(開催日のメリットとデメリット)現在は土曜日も稼働している企業も多くいらっしゃいますので、新聞を見ていただく機会はあったのかなと思っています。

加藤さんにいただいたアドバイスが本当に参考になり、記憶の新しいうちに次回に向けての改善点もまとめることができ、本当に良い経験となりました。研修を受けていなければ、改善点を洗い出す事もなく終わったと思います。講演者へのメディアトレーニングなども本当に必要だなと改めて気づきました。

今後も学んだことを生かしてプレスリリースがひとつでも多くメディアで取り上げられ、記者会見なども円滑に進められるように、日々の業務に取り組んでいきたいと思っています。