テクノロジー企業のPR、マーケティングを支援

CONTACT ENGLISH

Case Study

Case Study

シンフォニーマーケティング株式会社

マーケティングアウトソーシング / ハブリッジブループ リーダー 渡邊 嘉子 様

発表内容にも踏み込んだ本気の支援で、初めての記者会見も大成功

20年以上にわたり法人企業のコンサルティングから顧客データの管理・育成、営業案件の創出までをアウトソーシングサービスで提供している当社は、毎月、お客様向けのセミナーを行っているため、イベントにはある程度慣れていると自負しておりました。しかし、こと「記者発表会」となると、どこでやったらいいのか、誰を呼んだらいいのか、理想的な日時はいつか、予測もできない状態でした。

ビーコミさんに相談したところ、すぐに具体的なアイデアをいくつか挙げていただき、こちらはYes-Noと選んでいくだけで、見る間に当社用にカスタムされた記者発表会が形づくられていきました。特に発表内容に関して、客観的な目で見ていただくことで、メッセージのブレが軌道修正されたり、社内の人間だけでは気づけなかった特長が表面化したりと、運営以外の部分でたいへんお力添えいただきました。

今までプレスリリースもほとんど行っておらず、ましてや記者会見は初めての試みであったため、知り合いの記者も少なく、ビーコミさんに多くのプレスとの仲を取り持っていただけたことは、大きな収穫でした。記者の方々とは、今でも継続的にお付き合いをしています。