テクノロジー企業のPR、マーケティングを支援

CONTACT ENGLISH

Column

Column

PR会社はいらない?というタイトルでお話をさせていただきました

2015.10.30【 オルタナティブ・ブログ 】

先日、この誠ブログのブロガーmtg(オフ会?)にて、PR会社はいらない?誰でもできる広報マーケ初歩の初歩というタイトルでお話をさせていただきました。貴重な機会をありがとうございました。(結果としてマーケの話はできませんでした、すみません)

以下が話した内容の一部です。

PRという言葉について

  • PR会社は「ピーアール」(宣伝、アピール、紹介)してくれる会社ではなくPublic Relations(広報)を支援する会社。狭義では「記者との関係を作り、記者が記事を書いてくれるネタを準備したり企画したりする」。記事にお金はかからず、PR会社の活動にお金を払う(場合によっては広告と絡める事もあります)。PRという言葉の使い方、広報の人とその他で違う事があるので、念のため確認しました。

  • 広報(PR)は刺身で広告はフランス料理と言われる。例えば、素材(魚)があったときに、さばいて刺身にするレベルが狭義のPR。元の素材がそのまま見えている。広告の場合は、もっと大掛かりな仕掛けや工夫がある。意外とシンプル。素材が良くないとどうしようもない。

プレスリリース

  • ネットでプレスリリースを配信してくれるサービス会社はPR会社とは別のカテゴリ。場を提供してくれる会社(PR会社的なサービスがオプションでついているところもあります)PR会社もこういった配信会社と組んで活動する事も。
  • 記者は毎日数百通のプレスリリースを受け取っている。
  • 無料プレスリリース掲載サイトに載せただけ、しかもプレスリリースの「決まり事」に則っていない無名な会社のリリースはほぼ読まれない(ここでせっかくのニュースネタが無駄になってしまう。何故記者にネタを届けないのか?記者だってネタを待っている)

  • 記者への送付先は、そのメディアの中に書かれていたりする。問い合わせて聞く事も出来る

  • プレスリリースは同業社で広報をうまく行っているところ、類似しているサービスを扱う大手の文面を参考にして、記者がわかるように書く(決まり事があるのでそれに合わせると記者が理解しやすい)

  • せっかく記者にプレスリリースが届いても、追加で聞きたい事があれば連絡が来る。そのときに連絡の取れない担当者があまりに多い。これで記事にならない事も(新米広報担当が、書いて送った事で安心して飲みに行ってしまうことが多い)


広報活動の中で、

  • 自力でやってもどうもうまくいかない。何かが間違っているようだけどわからない。専門家の意見を聞きたい

  • だんだんビジネスが拡大して自力では回らなくなって来た。外部の専門家と組んで効果的に進めて行きたい


そんなときはPR会社の出番。
コンサルティングだけでかなり状況がかわることも。
逆に自社で出来て効果をあげられればPR会社はいらない。

だいたいこんな感じの話をさせてもらいました。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

オルタナティブ・ブログ 2012/04/27より、掲載時のまま転載しています。